【住宅メーカー選び】一条工務店の場合

お家作り
とくすけ
とくすけ

みなさん、こんばんは!
とくすけ(@tokunaralife)です。

2020年2月にヘーベルハウスと契約を結び、2021年7月の引き渡しに向けて、30坪程度の小さなお家を作っています。
我が家の体験を基に住宅メーカー検討から完成までを綴っています。
僕たちが考えたことや悩んだこと等を事細かに記載していますので、よろしければご覧ください。

今日は我が家の住宅メーカー選びにおいて、
最終局面まで悩むことになった一条工務店さんの魅力と、
僕たちのやりとりとその流れを公開します。

※主観が大量に盛り込まれますことを予めご了承ください。

一条工務店の魅力

「家は性能。」というテーマを掲げるだけあって、
一条工務店の最大の”ウリ”は以下をはじめとする住宅性能です。

  • 高気密・高断熱
  • 高い耐震性能
  • 全館空調システム(床暖房を含む)

冷え性に悩む妻、災害には備えたい僕にとっては心に響くものがありました。

価格は決して安い部類ではありませんが、
今後の維持費まで考えると決して高い買い物ではないかと思います。

営業マンとの出会いとその流れ

営業マンのKさんとはたまたま訪れた住宅展示場で出会いました。
初対面の日は3時間ほどご説明いただき、
翌週に大阪南港になるICHIJO-Labでさらに詳しいご説明を頂くお約束をしました。

ICHIJO-Lab OSAKAにて

床暖房や床冷房の体験や、
窓ガラスに使用しているトリプルガラスの破壊実験、
一条工務店が高い耐震性能を実現できる理由が分かる展示物等があります。

僕たちは開店から閉店までずっといましたが、
もうちょっと見たい、と思うほどに僕は楽しかったです。
営業さんを通した事前予約が必須だそうですが、
普通に楽しいのでご検討の方はぜひ行ってみてください(笑)

往復の交通費(高速代)は後払いしてくれるとのことでしたが、
僕たちはETC利用で領収書を貰いそびれたのでもらえませんでした…。
(事前説明を受けていたのに聞いていなかった僕が悪い)

昼食代は1人1000円支給され、同施設内の飲食店で頂きました。

見学後、1時間程度ミーティングルームのようなところでお話をしました。
このときに、
「今月末までのキャンペーンがお得なので仮契約はしませんか?」と勧められました。

いや、さすがにちょっと早ない?

仮契約は100万を支払い、仮契約時点のキャンペーンを保持するというもの。
仮に契約を結ばなかった場合は100万円全額を返します、とのことですが、
まだ会って2回目よ?と、いったんお断りすることに。

宿泊体験にて

後日Kさんから、
「住宅展示場の近くに宿泊体験が可能な一条工務店の家があります」と連絡があり、
事前予約をして体験させていただくことになりました。

我が家は共働きなので、それぞれの仕事終わりに現地集合することに。
延床30坪ちょっとの2階建てのお家でした。

夜と翌日朝のご飯代として1人1500円を頂き、
近所のスーパーでお惣菜を購入して食べました。

2月頭の少し寒い日だったのですが、
床暖房だけ、エアコンなしでとても快適でした!!(自宅ならエアコンを必須…)

Kさんに「ぜひ試してみておいてください」と言われていたのですが、
夜に40℃でお湯をはったお風呂、朝になっても38℃!ちょっとぬるいけど全然入れる!

リビングには天井スピーカー内蔵のサラウンドシステムが!

気になる外への音漏れは?
耳を澄ませば微かには聞こえるものの、ちょっと離れれば全然気にならない!

リビングの上の部屋への音漏れは?
床から結構ボンボンいってる…(笑)

1人1500円のちょっと豪華な夕食を食べた補正も少しあるかもしれませんが、
とても素敵なお家だな~と感じました!

Kさん(担当営業さん)について

とても気さくで話しやすく、馴染みやすい方でした。
かっこつけないというか、親身になって話を聞いてくれるというか。

購入後も引き渡し、その後のアフターメンテナンスまでお付き合いするわけなので、
担当営業が信頼出来て、話がしやすいに越したことはありません。

序盤はメッセージで連絡をとっていましたが、
途中からLINEでやりとりをしていたくらいです(笑)

しかも返信がとても早い!
働き方改革が叫ばれる中でいかがなものか、と思われる方も多いでしょうか、
夜中でも返信が来るんですね。
(僕が仕事柄遅い時間にならないと連絡が取れないことが多く…)
やはり即レスはこちらとしてはとてもやりやすかったです。

ただ、唯一気になるのが、他メーカーへの言動です…。
一条工務店は住宅性能の高さが”ウリ”なので仕方がないのかもしれませんが、

「うちより安いメーカーは安物買いの銭失いだ」
「高い金を払ってうちより性能の劣るメーカーを選ぶ意味が分からない」

他社へのリスペクトに欠ける、というのは、
「実は僕たちも裏ではボロカス言われてるんじゃないか」とか勘ぐってしまいます。

最終的に一条工務店を選ばなかったのはココが一番大きいかもしれません(笑)

まとめ

一条工務店は住宅性能を極めたメーカーと言って過言はないと思います。

ICHIJO-Labや宿泊体験を通して体感することも可能なので、
展示場の話やネット広告だけを見て「本当に?」と思っておられる方は、
ぜひ試してみることをオススメします!(基本的に無料です)

後から知った話、僕の姉夫婦は一条工務店のお家でした。
耐震は大きい地震が来てみないと分からないけど、
床暖房と光熱費に関しては確かに以前に比べると安くなった、と言っていました。

次は僕たちが最終的に契約を結ぶことになった、
ヘーベルハウスについて書いていきたいと思います!

本日もご覧いただきありがとうございました。

この記事をいいね、と思った方はシェア、SNSフォローをお願いします!

それでは、また!

◆ブログランキングに参加しています◆
↓ もしよろしければ応援クリックをお願いします! ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

お家作り
とくすけ&えりなら

兵庫県に住む20代の夫婦です。
日常のちょっとした小ネタを配信していきたいと思います!
今はマイホーム作りに関する記事を更新しています。

もしよろしければSNSフォローをお願いします!
もしよろしければSNSフォローをお願いします!
とくならライフ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました