お家作り

お家作り

ヘーベルハウスの「デザインスタジオおおさか」に行ってきました

先日、ヘーベルハウスの「デザインスタジオおおさか」というところに行ってきました。 写真は少なめ(というかほぼありません…)で僕自身の感想多めにリポートしたいと思います。
お家作り

ヘーベルハウスの住環境シミュレーション再び!【窓レイアウト~その5~】

性能面や価格等の理由により窓の種類とサイズの変更を検討したのですが、 犠牲になるのが部屋の明るさでした。 ヘーベルハウスの住環境シミュレーション「ARIOS」の結果を見ながら、 部屋の役割や使い方を意識して最終的な判断をしました。 そんな我が家の事例をご紹介します。
お家作り

我が家の窓レイアウト計画 ~その4~【浴室編】

全体の窓のレイアウトを考える際、 「浴室なんて小さいものだ」と軽視しがちですが、 我が家の検討時は意外にも要望や問題が浮かび上がったのでご紹介します。 採光・風通しの他に注視すべきは安全性? 結果、窓だけでなく間取りや外部仕様の変更にまで話が広がりました。
お家作り

リビングの壁掛けテレビ計画【テレビ回りの隠蔽配線】~その1~

我が家はリビングに壁掛けテレビを設置する予定です。 テレビを壁掛けにするには、 お家の設計打合せ段階から検討を重ねておく必要があります。 (壁下地補強, 配線問題, コンセント問題...etc) 我が家の検討事例をご紹介します。
お家作り

【意外と盲点!】ドアの開く向きを考えたことはありますか?

間取り検討時にドアに関する注意点といえば、 多くの人が開き戸,引き戸,引込み戸などをイメージされると思います。 ところが、開き戸の場合はさらに内開きか外開きを考えなければなりません。 これによってその後の家具や家具のレイアウトの選択幅を大きく変えます。 我が家の事例をもとにご紹介します。
お家作り

我が家の超狭小畳コーナー(たった3帖→2帖)の設計

我が家の外せない間取り要望として”畳コーナー”があります。 しかし他の要望との兼ね合いで畳コーナーにとれるスペースはわずか3帖。 収納も付けると2帖しか空間が存在しません。 この狭いスペースの中に畳コーナーをどのように設けるのかを書きました。
お家作り

間取り図に書かれている家具レイアウトは意外に注意が必要?

平面上に表現される間取り図をよりイメージしやすくするために一緒に描かれる家具イメージですが、 これが原因で我が家は思わぬ見落としをするところでした。 イメージが誘因する誤った認識のまま打ち合わせを進めないために、 意識していただきたいポイントをご紹介します。
お家作り

注文住宅のコンセント配置を考える【ヘーベルハウス】

家具のレイアウトを考えるうえで大きな制約となりがちなコンセント位置。 でも実は電源コンセントだけでなく、テレビアンテナ線や最近ではLANについても考える必要があります。 今回、ヘーベルハウスでお家を建てる我が家の屋内配線全般について、 実際の間取り図を使いながら考えてみたいと思います。
お家作り

外観のディティールを握る外部仕様 ~ルーバースクリーン~ 【ヘーベルハウス】

ルーバースクリーンとは細長い板状の部材を平行に並べたヘーベルハウスの外観仕様です。 視線を遮りつつ通風や採光も同時に行うことが出来るというものですが、目玉はなんといってもその強烈な外観のアクセント! 他メーカーでも最近取り扱われていることが多いルーバースクリーンですが、実はヘーベルハウスとものすごく相性が良いんです。
お家作り

外観のディティールを握る外部仕様 ~軒天~【ヘーベルハウス】

軒天はお家の中でも占める領域は非常に狭く、「どんなでも良いかな~」と思いそうになる部分ではありますが、軒天というのはそもそも美観性という役割を果たす部分でもあります。 完成してしまえば本当にさりげなく、一般的にはあまり注目しない部分だとは思いますが、 街中を歩いて見てみると「デザインこだわってんな~」という家は軒天のデザインもオシャレな印象です。 お家の外観 第3弾ということで"軒天"について考えていきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました